亜鉛サプリの過剰摂取

p-8健康な体に欠かせない亜鉛ですが、過剰摂取による弊害もありますので気を付けてください。

 

亜鉛を継続的に摂りすぎると、鉄と銅の欠乏症を招く副作用も出てきます。亜鉛を長期に渡って摂りすぎた副作用には、コレステロールと糖の代謝の異常となって表れたり、白血球の現象や貧血他免役の低下や倦怠感なども招きます。

 

また、癌細胞が発生したり、腹痛や下痢、吐き気他、発熱や貧血、目まいなどの症状が出る人もいます。

 

ちなみに、肌荒れや抜け毛の増加となって表れる人もいます。これらの症状は亜鉛が不足しても起こりますが、状況で亜鉛の不足かあるいは過剰摂取によるものかは、ご自分で判断できると思います。

 

また、本来なら免疫力を上げるはずなのに、摂りすぎは逆に免疫力を低下させてしまいます。

 

そして、一度に大量に亜鉛を摂ると、急性中毒症を起こす可能性も出てきます。

 

食べ物から亜鉛を摂るときは、急性中毒を起こすほど一度に摂ることは考えにくいのですが、亜鉛サプリなどは、手軽にたくさんの量を摂れるので気を付けてください。商品に書かれている使用量はしっかり守ってください。

 

亜鉛による急性中毒の症状には、筋肉痛や発熱・吐き気他胃の痛みなどの症状が出ます。

何事も「過ぎたるは及ばざるがごとし」ですから気を付けましょう。

 

細胞分裂に大きくかかわっている亜鉛は、成長期のお子さんに欠かせない栄養素ですが、身長を伸ばすためや体重を増やすために亜鉛サプリを飲ませるときは、念のため医師の診察を受けるようにしましょう。

このページの先頭へ